知らなきゃソンかものぞいたてみよう地域医療

地方だから、成し得たこと。地方にいたから、考えられたこと。地域医療に身を投じる先輩医師たちが今語る、地域医療の魅力とは。

医療を言葉からイキイキさせる。意見を言い合える関係が、病院を活性化させるんだ。

中津川市民病院 循環器内科:林 和徳医師

東濃地区の中核病院である中津川市民病院は、一次救急から三次救急まで、
どんな重篤な患者さんも受け入れる。林医師の、院内外の連携に対する熱い想いに迫る。

詳細はこちら

依頼は絶対に断るな!

新城市民病院 総合内科:宮道亮輔医師

のどかな風景が広がる愛知県新城市。この地で総合内科医として働く宮道医師は、かつて診療所に
一人で勤めていた経歴を持つ。今、新城でどんな地域医療の未来を描いているのだろうか。

詳細はこちら

本当に求められる医師に、なろうじゃないか。

伊賀市立上野総合市民病院 外科(消化器外科、肛門、乳腺外科):福浦竜樹医師

医療体制の確保。それが当たり前でなくなりつつある三重県・伊賀。この地域に暮らす人々のために、医療の活性材料を模索し続ける福浦医師の「活性化ビジョン」にスポットを当てる。

詳細はこちら

どんな人でも来てほしい。教科書に書いてないことも教えるぞ!

津島市民病院 消化器科:久富充郎医師

あたたかい人間関係で結ばれている津島市民病院。医師に必要なコミュニケーションって?
「久富先輩」が若い医師たちに伝えていきたい、ハートを生かした医療に迫る。

詳細はこちら

離島医療の経験は、キミの医師キャリアにプラスになる。

知多厚生病院 院長:宮本忠壽医師(左) 副院長兼臨床研修部部長:水野志朗医師(右)

「若いうちに離島医療を。」知多厚生病院の院長である宮本医師と副院長の水野医師の思いは同じ。リアルな離島医療とは。二人の医師が心をこめて語り合う、その医療の奥深さとは。

詳細はこちら