セミナー情報

スキルアップセミナー 救急で使えるエコー技術セミナー 専門医が教える「現場で通用する」技術

閉じる
開催日 2011.11.19 9:00~11:00
定員 21名 定員に達した時点で締め切ります。
会場 名古屋市立大学 臨床シミュレーションセンター
講師情報 名古屋市立大学病院 救命救急センター 副センター長 服部友紀先生
名古屋市立大学病院 総合内科        副部長     兼松孝好先生
名古屋市立大学病院 循環器内科                 菊池祥平先生
概要・説明 エコー検査は救急現場において迅速、手軽に診断をつけることができる非常に有用な検査方法の一つです。しかしながら実際にどの部位にどの角度でプローブを当てるか、画像をどう読むかなどにスキルがあるのも事実です。本セミナーでは実際に救急の最前線に携わっている先生方にそのコツをレクチャーしていただき、参加者の皆さんにも実際に体験してもらいます。実際に救急に携わっている先生方、これから否が応でも救急に関係しなければならない学生の皆さん、この機会に救急エコーに関する知識を深めてみてはいかがでしょうか。幅広い皆様の応募お待ちしております。

対象:医学部生、初期研修医、後期研修医

申込方法:メールまたはFAX(指定用紙有)にて、氏名、携帯番号、メールアドレス、大学名、学年または職種を記載して送ってください。
関連リンク 名市大エコーセミナーa軽量版.pdf
問い合わせ 名古屋市立大学病院 総合研修センター
kensyu-c@med.nagoya-cu.ac.jp
Tel 052-858-7109
Fax 052-851-4801
セミナー参加には会員登録が必要です。