セミナー情報

第150回 医学セミナー 「血管収縮制御の分子機構とその異常」

閉じる
開催日 2010.07.07
定員
会場
講師情報
概要・説明 演者:三重大学大学院医学系研究科 病態制御医学講座循環器・腎臓内科   学循環器内科 教授伊藤正明先生 日時:平成22年7月7日(水)17時15分~18時45分 場所:生涯教育研修センター1号館9階901講義室 伊藤教授は1979年に三重大学医学部卒業、三重大学第一内科入局、1987年に米国アリゾナ大学留学、三重大学第一内科助手、講師、1997年より文部省長期在外研究員として米国BrighamandWomen’sHospitalで研究を続けられ、2006年より三重大学大学院医学系研究科(循環器・腎臓内科学)教授に着任されています。高血圧、肺高血圧や血管攣縮などの血管トーヌス亢進において、Rhoキナーゼなどの血管収縮のCa2+感受性亢進が関与していることが明らかにされてきている。また、ミオシンリン酸化は心筋においても収縮のCa2+感受性シグナルとして機能し、ミオシンリン酸化レベルは心機能維持においても重要であることも判明してきました。これらに関して、先生が行われてきた研究をもとに概説していただきます。 血管トーヌスの制御機構、高血圧・肺高血圧、冠動脈硬化のリスク因子、心不全の循環病態など、多岐にわたって分かりやすく面白いお話しが聞けることと思います。多くの参加を歓迎いたします。
問い合わせ 〒470-1192 豊明市沓掛町田楽ヶ窪1番地98 藤田保健衛生大学病院  臨床研修センター  TEL:(0562)93-2260FAX:(0562)95-1805 E-mail:kenshu-1@7-hu.ac.jp 
申し込み
※募集定員に達しましたので受付を終了させて頂きました。