セミナー情報

【H22.3.19】キャリア教育セミナー第1弾!
久美愛厚生病院presents先輩と語ろう地域医療研修

参加者の生の感想をお届けします ↓

3月に高山市にある久美愛厚生病院で行われたセミナーに参加させていただきました。参加者は5年生の私を始め、4年生や2年生にスタッフとして参加した6年生の方も含めると学生だけで12人でした。

セミナーでは、始めに病院長からのご挨拶の後、お互いに簡単な自己紹介を行い、病院内の見学をさせていただきました。近日立ち上がる緩和ケア病棟の準備会議にも少し参加させていただきました。病院スタッフの方たちだけでなく、地域の住民の方々が多く参加されていて、自分たちの地域の緩和ケアを充実させようという情熱を感じました。

その後は久美愛厚生病院の内科、外科、小児科、産婦人科の各科の先生方にそれぞれの科についてお話をしていただきました。各科の一般的なお話から久美愛病院の実情、大病院と中小病院の違いや都会の病院と田舎の病院の違い、先生の個人的なお話など普段の病院見学では時間がなくてなかなか上級医の先生方からは聞けないようなお話をたくさんうかがえました。また、看護師の方にはどうすれば看護師にモテる(?)というか信頼される研修医になれるかといったお話を聞かせていただき、久美愛病院で初期研修をされた研修医の方には久美愛病院での研修内容を具体的にどのような症例を担当したかなどを含め、いろいろお話ししていただきました。どれも自分の研修生活を具体的に考える上でとても参考になる内容でした。

その他にも先生方のお話の合間に行われた実技実習では採血ルートを取る練習縫合の練習を先生方に指導していただきながら行いました。縫合では外科の先生方に糸結びの基本から教えていただき、採血やルート確保の練習はお互いを練習台にしながら何度も行ったので、最後にはみんなの腕が止血テープだらけになってしまいました。今回のセミナーのスタッフでもある平川先生や吉山先生による研修医の失敗例や知っておきたい専門用語のレクチャーも病院実習中に新たに出会う謎の略語や言い回しについて教えていただけて勉強になりました。特に病院実習がまだ始まっていない学年の人たちにとってはほとんど初めて聞く単語ばかりで新鮮だったようです。

セミナーの後は風流な高山市内を歩き、川べりのお店で歓迎会を開いていただきました。セミナーには参加されていなかった先生方や看護師の方たちも参加し、盛大な宴会となりました。盛大過ぎて店の人に怒られてしまいましたが、直接参加者同士で情報交換したり、病院の方たちから久美愛病院についてお話を聞けたりととても楽しい会となりました。その後、2次会でさらに飲み、3次会では高山ラーメンを食べ、と最後まで楽しく過ごさせていただきました。セミナー内容だけでなく、大学での外病院実習や個人的な病院見学だけではどうしても限られた病院に行くことになりがちなので、このような形で知らなかった病院を知る機会を得られことはとてもよかったと思います。